PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    深くなる闇の中で育つ子どもたち
    0
       私は今現在、『いわきの初期被曝を追及するママの会』での活動がメインになっており、なかなかこちらのブログをアップすることができていないのですが、それでもこのブログのアクセス数は維持されており、どのような方がこのブログを読んでくださっているのかしらと、少し不思議に思っていました。

      そのような中、今日、初めて出会ったママが、このブログの随分前からの読者であると聞いて、『あなたでしたか〜』と、感動してしまいました。

      そのママは、原発事故後、他県からいわき市に移り住んだママで、赤ちゃんを抱えてこの地に来ることが決まってから、とにかくこちらの様子を知りたいと、『いわき市 母親』というワードで検索をかけて、このブログに出会ったそうです。

      かなり具体的な細かいことが書いてあると、メディアとは異なる情報に、ずっと注目をし、更新を楽しみにして下さっていたそうです。

      そのママが、どれほどの不安を抱えてここに来たかということは、ずっとここに暮らす私たちからは想像もできないようなものであったと思います。

      しかし、ここに来てみると、のんびりとした空気が流れていて、危機感のないように見える市民の様子や、無防備に遊ぶ子どもたちの様子に、目を疑ったそうです。

      『独身時代であればそんな風には思わなかったと思うけれど・・・やはり子どもを産んでからは守るべきものができたことで意識が大きく変化した。この子を守っていくためには情報を得て学ばなければならない。』

      そう思った彼女は、ここで子育てをしていくにあたっての注意点や、必要な情報を知りたいと、窓口になっているところに『教えてほしい』と足を運んだりしたそうなのですが、返ってくる答えは耳を疑うようなものだったと話してくれました。

      『まだ不安に思いますか?』

      『お母さん同士の場では、あまりそういう話をしないほうがいいですよ』


      私がこのような活動を始めようと思ったきっかけは、原発事故が起こったすぐあとに、例年通りに始業式が行われるという学校からの連絡を聞き、もう子どもたちはこの国から見放されたということに気付いてしまったからです。

      周囲の反応はそれに従うばかりで声を上げる気配もなく、私は砂漠のど真ん中にひとり立たされたように感じ、体中から血の気が引くほどの孤独感を覚えました。

      彼女もその時同じような感覚を持ったそうです。

      知り合いもいない土地の、しかも原発事故の被害を受けた場所で、生まれたばかりの子どもを抱え、この先どのようにして守っていったらいいのかと不安でいっぱいだった時、そのような冷たい言葉を受け止めた彼女の悲しみや孤独は、どれほどのものだったのかと思います。

      今はもう不安に思っている母親は居ないはずという決めつけは、このようにして私たちを苦しめます。

      何を持ってもう大丈夫なのかと思いますが、それを問えば、今現在の空間線量が事故当時よりも下がったことや、他の地域と比べれば低いことなどを説明されます。

      私たちは初期被曝の問題を抱えており、その影響は関東までも及ぶものです。

      今の線量のみに注目をして、もう大丈夫だと言ってしまうというのは、実際にある問題を直視せず、蓋をしてやり過ごそうとしていることです。

      原発事故の被害を受けたというのに、2年半という時間が過ぎればこんなにも問題は風化してしまいます。

      目に見えないということは、こういうことです。

      『捉え方は人それぞれ』

      『選ぶのはみなさんです』

      無責任に響く冷たい言葉は母親たちを突き放し、子どもの大切な未来を預かっているという、責任を感じればこその思いは理解されることなく特別なものとされています。

      このような対応があったということは、問題視をする必要があると思います。

      子どもを育てる母親に寄り添うということは、本来ならば最優先にされなければならないことです。

      不安を抱えながらもそれを表すこともできないような雰囲気をつくってしまう閉鎖的な今の状況は、目には見えない深い闇の世界をつくることになり、それはやがて深刻な問題に繋がっていくのではないかと危惧しています。

      人の心は、目に見えるものではありませんが、潜在的に膨らんでいくその弱い部分に目を向けず、このまま闇に葬ってしまうことは危険です。

      震災後のいわき市の児童虐待についての相談件数は2倍になり、それは、人々の不安のしわ寄せは弱者に向けられることを表しているように感じます。

      【増える児童虐待 避難都市 ゆがむ母子】
      http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130916/dst13091607000003-n2.htm

      孤独な母親の救済が子どもたちの救済に繋がるという思いは、更に増します。

      このママに出会えたことに感謝しつつ、どのような形で実現するか分からない出会いを、もっと積極的なものにしていく必要性を感じ、焦ります。

      ひとりで不安を抱えているママとの出会いを望んでいます。

      ご連絡を、お待ちしています。

      連絡先:maeveherb2@yahoo.co.jp  090-7065-8196(ちば)

      posted by: クリキンディ | 母親たちの苦悩 | 20:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:19 | - | - | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://maeveherb.jugem.jp/trackback/159
        トラックバック