PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    いわき市田人町で環境省による住民説明会開催
    0
       いわき市議会創世会佐藤和良議員のブログより転載致します。

      2月14日に鮫川村焼却施設の説明会 2013年 01月 29日

      鮫川村に建設中の放射性物質の焼却実証実験施設問題では、いわき市議会が情報公開などを求める決議を行い、市民グループも環境省に対して工事中止と住民への説明会の開催を求めていましたが、住民説明会がいわき市で実施されることになりました。
      以下、いわき市生活環境部環境企画課からの案内です。

      ●鮫川村における農林業系副産物の焼却実証事業に係る説明会について

       鮫川村における放射性物質を含む農林業系副産物の焼却実証事業については、隣接自治体である本市に対し、事前の説明が無かったこと、設置場所が、本市の水源地に隣接していることなどから、平成24年12月21日に環境省及び鮫川村に、十分な情報の提供、安全・安心のための対策などについて申し入れを行いました。
       ついては、申入書の内容に沿って、事業主体である環境省による説明会を開催することになりましたので、お知らせします。

      [経過]

      ・11月14日 
       鮫川村から、郵送により「農林業系副産物の焼却施設設置計画について」(11月12日付け24地第922号)を受理する。
      ・12月11日 
       建設水道常任委員会において、焼却施設設置予定地の現地視察を行う。(環境省・鮫川村の担当者より、説明を受ける。)
      ・12月13日
       11月定例会において、「放射性物質を含む農林業系副産物の焼却実証実験施設に関する情報の公開と住民生活の安全・安心の保障をを求める決議」が議決される。
       翌日、決議文を内閣総理大臣及び環境大臣に送付。
      ・12月21日
       環境省及び鮫川村に対し申入書を堤出。 

      [説明会について]

      ・日  時:平成25年2月14日(木曜日)午後6時から
      ・場  所:田人ふれあい館 屋内運動場 (田人町旅人字下平石191)
      ・周知方法:田人地区回覧、ホームページに掲載及び報道機関への情報提供



      私たちが環境省に対して行った、1月28日を回答期限とする申し入れについて、回答として届いたメールにはこのことは一切触れられていませんでした。
      1月16日に申し入れを行った件についての環境省からの回答です

      回答の中で、住民説明会については必要であれば開催するという内容でした。

      そしてその次の日に届いたこの知らせ・・・

      なんとも解せないというか、意図が分かりません。

      あくまでもこの説明会については、市民団体からの申し入れを受けてではなく、いわき市からの申し入れに対するリアクションでということなのでしょうか・・・

      ここでも住民不在というか、民意無視の姿勢を感じます。

      住民説明会開催地は田人町。

      鮫川村に近い場所ということなのでしょうが、やはり当事者を小さく絞り込むという環境省のやり方がここにも表れています。

      この問題で、私たちが初めていわき市に申し入れを行った時、鮫川村からは建設工事着工の3日前に通知が届いていたことが明らかになり、それを受けていわき市は安全性については環境省の説明により確認していると答えました。

      12月10日鮫川村焼却処分場建設工事中止を求める要望書提出

      12月13日のいわき市議会定例会本会議の中では、事業主体である環境省に対して、いわき市はじめ近隣自治体及び住民への情報開示と誠意ある説明を行うとともに、安全確認と合意形成ができるまで、施設の建設工事を停止するよう求めるいわき市議会創世会による決議案第1号は否決され

      いわき市議会志道会(自民系14名・第一会派)が、公明党(4名)、つつじの会(連合系3名)の賛同を得て提出した決議案第2号、情報開示と安全安心の保障対策を講ずれば工事停止は求めないという焼却ありきの決議案が可決されました。

      12月13日いわき市議会・鮫川村焼却実験施設の建設工事の停止を求める決議は否決されました


      それを受けて12月21日に、いわき市生活環境部長が環境省に出向いて行った申し入れ。それはやはり工事の中止や停止を求めたいという市民の声は反映されないまま、情報提供を求め、安全対策を求めるという内容で届けられ、
      12月21日鮫川村における農林業系副産物の焼却実証実験に係る申入れについて

      1月7日に行われた私たちからの申し入れの中で、いわき市から環境省に対する申し入れは回答期限を設けていないものだったということが明らかになったため、環境省に対して住民説明会を求めると共に、いわき市への申し入れについても早急に回答することを求めました。

      1月7日鮫川村焼却施設についての説明会を求め、申し入れを行いました

      本来市民と共にあり、民意を反映した議会や行政であれば、民意を無視した環境省の強引な姿勢に対して、市民を守るために力を尽くすべきであると思うのですが

      様々な要望を届ける度に何を守りたいのかと疑ってしまうような、原発事故によって被害を受けた自治体とは思えないような弱腰のいわき市の対応については、市民からがっかりの声がたくさん上がっています。

      しかしながら、わたしたち市民が声を束にして上げたことにより、様々なことが動いていることは確かです。

      ひとりひとりの声を上げることを諦めず、市民の力を取り戻し、議会や行政のあり方を問うためにも、手を取り合って前進して行ければと思っています。

      この住民説明会に、ひとりでも多くの市民が参加し、民意を無視し続ける環境省に対して、声を届けられることを願います。

      拡散にご協力をお願い致します。
      posted by: クリキンディ | アクション | 23:33 | - | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://maeveherb.jugem.jp/trackback/135
        トラックバック