PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    1月16日に申し入れを行った件についての環境省からの回答です
    0
       
      1月16日環境省へ福島県鮫川村に建設中の放射性廃棄物を焼却する実証実験施設について、「工事中止・住民説明を尽くすこと」を求めて申入れに行って参りました。

      『環境省に申し入れを行ったご報告です』
      http://natureherb.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

      それについての回答期限だった昨日、メールにて環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課指定廃棄物対策チームより回答がありました。

      申し入れの際に出た質問に対しての文書での回答も求めていたため、それも含まれています。

      要望書(福島県鮫川村焼却実証実験施設について)への回答

      バグフィルターについて

      安全性資料

      全体配置計画図

      全4ファイル(圧縮ZIPファイル形式)


      ほんの一部の住民以外には秘密裏で進められてきたことが分かる内容であり、当事者はあくまでも建設地の周囲1kmの住民及び地権者とする環境省に対して、民意とは?と、申し入れの際に何度も問い続けた結果がこのような回答だと言うことです。

      安全性についても、この内容で納得はできません。

      住民説明会で、専門家に来て頂き、説明を求めることが必要です。

      工事の中止は考えていない。

      住民に対する説明については今までも必要に応じて行ってきたと言う環境省の主張ですが、工事着工から1ヶ月以上経って、やっと開いた鮫川村での住民説明会では、初めて建設地を公表し、不安だという住民の声は聞き入れられませんでした。

      1km圏外の住民には説明義務がないという血の通わない住民無視の進め方が今後もどんどん展開されるのかと思うと、恐ろしさで震えます。

      これが原発事故の結果です。

      国が進めてきた原子力産業の犠牲を強いられ、挙句の果てに、その後片付けをしてやるという姿勢の減容システムの推進。

      鮫川村の村長は、困っているところを環境省に助けて頂いたというように捉えているようです。

      日本人が国を信じないでどうする!という村長の言葉・・・

      きちんと現実を捉えることができないことによって、このような事態を招いてしまった未来への責任は重大です。

      そして、痛みに寄り添うように見せかけ、汚染を押し付ける環境省のやり方は、本当に残酷です。

      鮫川村焼却処分場に関する住民説明会

      鮫川村焼却処分場に関する住民説明会2


      この鮫川村の放射性廃棄物焼却炉計画の問題についての分かりやすいまとめをご覧下さい。

      鮫川村放射性廃棄物焼却炉計画と問題点(基本情報編)

      【ブログ記事:住民不在で進む、福島県鮫川村の『高濃度放射性廃棄物』焼却施設建設問題】


      いわき市での住民説明会は開く方向で考えているという回答に留まっています。

      北茨城市では2月中に住民説明会を開催する方向という情報を得ています。

      2月にスタートするという実証実験よりも前に住民に説明を果たして欲しいという要望は聞き入れられるのでしょうか。
      posted by: クリキンディ | アクション | 17:12 | - | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 17:12 | - | - | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://maeveherb.jugem.jp/trackback/133
        トラックバック