PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    現実を受け止めて対策に転じる覚悟を・・・
    0
      私の信頼する仲間たちの間での会話で、これは伝えたいと思ったことがあるのでシェアします。

      ここで生きるためには、食品の測定をすることはとても大事なこと。

      お金がかかったとしても、検体を増やしてデータを集め、公表することが大切と、とにかくいろんなものを市民測定所に持ち込んで、どんどん測っている仲間がいます。 

      買って来たもの、庭で採れたもの、遠方から送られてきたもの・・・

      それをどんどん公表して、知ってもらってみんなにも自分の身を守ってほしい・・・

      彼女の思いは深いのです。

      ハーブ類は、とくに取り込む量が多く、かなりの汚染が確認されています。

      彼女の庭で採れたものも、高い数値が出ています。

      一度だけではなく、何度も測ってデータを残す。

      前回と比べて、これだけ減っているとか比較もしていて・・・その思いには頭が下がります。

      私が引っ越したとしても、後に住む人の目安になるから。

      常に自分だけではなく、他の人や未来のことを考えているのです。


      ある時、東京湾で採れたというワカメが彼女のもとへ送られてきたそうです。

      先方からすれば、福島のものよりは安全だろうという思いだったのだろうと思います。

      東京湾の汚染も指摘されているので、測定してみたところ、やはり数値は深刻なものだった・・・

      先方にはまだ小さいお子さんもいる・・・

      思い切ってその事実を伝えたそうですが

      帰って来た答えは・・・怒りの混ざった声だったそうです。

      漁師の仲間たちが怒っている。

      データを渡せ。

      『あなたは何に対して怒っているの?東電や国よね?私ではないのよね?』

      冷静にそう返すことができた友人。

      私なら、伝えることさえできなかったかもしれない・・・

      そこを敢えて乗り越えて、伝えようとした彼女の真意は、幼い子どものためにも、真実を知ってほしい。

      知らないまま、それをその子が口にすることをなんとか止めたい・・・

      そんな思いだったのだと思います。

      切なさで、胸が苦しくなりました。

      みんな、何を守ろうとしているのだろう・・・

      大切なことは本当はとてもシンプルなはずなのに、真実が隠され、ごまかされ

      考え方も情報の受け取り方も様々な中で、このような悲しいことが起こっている・・・

      これをどのように受け止めたらいいのでしょうか・・・

      現実をきちんと受け止めて、汚染度を調べ、危険なものは市場に出さない。

      それは私たちの理想上の話なのでしょうか・・・

      国が定めた基準値が本当に安全なのかどうか・・・

      大丈夫だと言ってるんだからと鵜呑みにせず、きちんと考えて、自分なりのラインを設けることも必要なこと。

      その為には情報を自分で掴みに行くスタンスを持たなければなりません。

      そんな余裕はないと、最初から放棄して、市場に出ているものは安全と思って購入することは危険です。


      放射性物質は今も出続けていて、事故はまだまだ収束のめどが立っていません。

      汚染はとどまることなく、さらに拡大されていくことでしょう。

      気を付けながら暮らしている私たちは、いろんなことに敏感です。

      食欲の秋

      実りの秋

      でも、私たちはそれを身近で楽しむことは過去のこととなってしまいました。

      庭先での収穫の楽しみや、山に取りにいく楽しみもなくなりました。

      いろんなことを諦めながら、代替するものを探しています。

      探す先がなくならないように、瓦礫の拡散は絶対にしないでほしいと声を上げてきましたが届きませんでした。

      これ以上の汚染の拡大を防ぎたい。

      そして、まだこういった事実に向き合うことができていない人たちに、一刻も早く知ってほしいし身を守ってほしい。

      現実に目を向けて、対策に転じることを呼びかけたい。

      それも、ここに居る私たちからの願いです。


      posted by: クリキンディ | 内部被曝の防護策 | 10:14 | - | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:14 | - | - | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://maeveherb.jugem.jp/trackback/120
        トラックバック