PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
反抗期の子供と放射能問題
0
     子供の年齢によって、放射能の対策もできることとできないことがあるかと思います

    小さいうちは親の判断で守ることができるけど

    自我が芽生えていろんなことを自分の意思で選びたい年頃の子供を持つ親は

    辛く苦しい悩みを抱えているようです


    『お母さん!余計なこと言わないで!内申書に響くでしょ!』

    なんて言われたら、いくら学校の対応に不満があっても我慢するしかなくなります


    子供は言うこと聞いてくれない!

    守りたいのに守れない!

    なんて、精神的に不安定になって

    薬に頼っているなんていうケースもあり


    子供との関係がこの問題によって悪くなってしまった

    これは本当に残念というか

    放射能からのダメージをさらに大きくすることはちょっとしんどいですよね


    どうか仲良く、関係を修復させることを願いたいです



    親よりも家族よりも友達が大事


    そんなお年頃の子供に避難や疎開の話は聞く耳持たずの反応が多い


    強制命令だったら別ですが

    個人の判断でとなると

    みんな平気なのにうちだけ?と

    親の判断に反抗的になってしまう


    中学生あたりから態度がだんだん悪くなり

    親子の関係もぎくしゃくしてしまっている家庭では

    子供が生意気で言うこと聞かなくて頭にくるから可愛くない

    どうにでもなればいいんだ、なんて

    親が意固地になってしまい放射能対策なんてやってやるもんかと思っている

    そんな話も耳にします



    あんなに可愛い可愛いと思っていた子が

    なんでこんな風に憎たらしくなっちゃったの?

    戸惑う気持ちも分かりますが

    それも自己主張のひとつなので

    対立じゃなくてちょっと距離を置いて

    お母さんは自分の好きなことに目を向けて、息抜きするのも必要なのかも


    煮詰まってしまった時は

    いろんなことが悪循環の連鎖を生みますから

    思い切ってその連鎖からちょっと離れてみませんか?


    放射性物質の影響は内部被曝によるものが大きいですので

    こっそり毒を盛る感じでいろいろと台所で仕込んじゃうとか


    人参が嫌いな子には細かく刻んだりすりおろしたりして魔法をかけてきたように

    放射性物質を除去するといわれている食材で

    遊んじゃう感じで家族を守っていくのもお母さんだからこその成せる技


    見えないところで守っていると思えれば

    多少子供が無茶したりしても

    大丈夫と思えるはず


    お母さんのご飯を食べてれば

    ちょっとやそっとの放射能も平気だよと

    余裕で言ってあげることができれば

    子供の心も安定するかもしれません


    親としてできることはやったからね〜と言いたいし

    反抗的な態度は正直腹が立つと思いますが

    子供は親のキャパをちゃんと見ていて

    受け止めきれないことはしないくらいの判断はできてるかもしれないし

    キツイな〜と思うことも

    それはきっと自分にとってはまだ大丈夫なラインなんだと

    自信を持って自分を認めてあげてほしいと思います




    私自身も時には、母の器を試されてるな〜と

    そんな痛いときもありますが

    せっかく親子になったんだから

    仲良くやっていきたいと思っています



    今できることで最善の事を

    できる範囲でやっていきましょう


    なので、どうか自分をうまくコントロールしていくためにも

    一緒に笑いませんか??


    こんな提案をさせてもらいながら

    ゆるゆるでいきたいと思ってます




    ちょっと原点に返って赤ちゃん時代を思い出しながら

    寝顔を見つめる時間を持つなんてこともいいかもしれないですね〜

         



                 
              


       
    posted by: クリキンディ | 子どものこと | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |