PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    言葉にもできない矛盾の中で
    0
       何度言っても分かってもらえない

      目には見えない放射能の危険性について。

      実家に帰った時に、もてなされるそのご馳走に、どこのものを使っているのかなんて、親に、兄弟に、もう聞けない。

      そこにはまだ幼い子どもたちが育ち、それは日常の中で、もう論じられることもないのだろう。

      自分の親族であっても通じない話に、もう向き合うことにも疲れてしまった・・・

      今まで何度も何度も同じことを話し、その時は頷く様子に安堵して

      そしてまた同じことの繰り返し・・・

      これは感性の問題だからと、当初からそう言う人がいるけれど

      まさにそうなのかもしれない。

      せっかくの好意に水を差してまで、「産地はどこ?」と聞ける人は、凄い。

      そんな問題ではないことは分かっているけれど、これぐらいならもういいかな・・・

      そんな風に妥協してしまう自分は、なんなんだろう。

      もう疲れた・・・

      誰かを傷つけることにも

      ひとつのことを言い続けることにも。


      そんな心情が、こんな今をつくり出してしまったのに

      いろんな矛盾が良いと悪いの線引きを曖昧にしていき

      諦めというところに導こうとする。


      そこには行くまいと決めているのに

      こんなところで脱力感を覚える、お正月の親族の集まり。


      楽しい雰囲気を優先し

      我が子に内部被曝をさせてしまったことを悔やむ。


      両親の嬉しそうな様子を、その楽しみを壊したくなかった。

      そんな思いやりなど偽物だと分かっていながら

      大切なものを守りきれなかったことを悔やむ。


      大切なものの線引きは?


      問いかけはきっと、永遠に続くのだろう。

      この矛盾の中に生きる私たち。

      誰を責めることもできなくなっていく。

      それぞれが抱える矛盾の苦しさが分かるから・・・


      posted by: クリキンディ | 分断という言葉の中で | 01:53 | - | trackbacks(0) | - | - |