PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
負の連鎖を断ち切ることを阻む許容体制と中毒性
0

    原発事故から5年。

     

    原発再稼働に向けての動きがどんどん加速している様子には、「私たちの苦しみは一体なんだったんだろう」と、受け入れられない気持ちを抱くと共に、避難計画が整えば再稼働をよしとする流れを見ながら、事故が起っても避難など許さない、この国の冷たさを知ってしまった私たちの無力さを痛感します。

     

    原発事故直後、全ての人々が自分の生き方を振り返り、心が動き、身体が動き、ひとつになって負の連鎖を断ち切ろうとしたのだと思いますが、それを持続させることができず、こんなことになってしまったのはなぜなのか、繰り返される悲しい歴史の数々と重ねながら、悲しみが溢れます。

     

    あれから5年

     

    環境省から告げられた、除染事業は今年度で終了という線引き。

     

    汚染された土地へ戻ることを強いる動き。

     

    原発事故は収束もしていないのに、汚染のもとを断つこともできていないのに、「被曝の原因を取り除く努力、環境をもとに戻すための努力はもうしませんよ」と、加害者側である国が一方的に義務を放棄していく理不尽さ。

     

    それを受け入れるのか、それとも権利を主張しながらもとの環境に戻るまで改善を求め続けるのかは、負の連鎖を断ち切る勇気と覚悟を試される場面でもあります。

     

    原発事故という未曽有の出来事が起こり、「未来をどのように守っていくか」という大変なステージに立たされてしまった私たちは、既存のやり方など通用しない中で新たな策を打ち出していかなければならない存在となり、目には見えない放射能に向き合うということは、損得ではない世界で物事を考えないと、動かすことは不可能だということも散々味わってきたことでもあります。

     

    しかし、「まだそんなことを言っているのか」という声は、負の連鎖を断ち切ろうとする声を大きく上回り、「どんな理不尽さも受け入れていくしかない」という許容体制が、理不尽さを強いる体制を助ける形で存在していることに、悲しみは一層深まります。

     

    一度受け入れてしまったら手放せない、中毒性のあるこの巨大な経済活動は「絶対に繰り返してはいけない」という宣言を、ひとりひとりが一分一秒ごとに心に誓わなければ、それを断つことは叶わないような恐ろしいものです。

     

    そして、負の連鎖を強いる魔物と戦うために必要なものは、ひとりひとりの心の力。

     

    再稼働を阻止するために、動き始めた方々に、伝えたいことがたくさんあります。

     

    なくしてしまってから気付く、かけがえのない日常のありがたさ・・・

     

    どうか、大切なものを守り抜いてください。

     

     

     

     

     

     

     

     

    Check
    posted by: クリキンディ | 祈り | 03:35 | - | trackbacks(0) | - | - |